保湿はなぜ必要か|美肌を作り保ち続けるビタミンc誘導体の効果を知ろう

適切な化粧水などのスキンケアアイテムを使用して保湿する

保湿はなぜ必要か

化粧水

肌の水分量

保湿とは言葉通り潤いを保つことです。肌の角質層には水分が含まれており、約20~30%の間が適切な水分量とされています。肌の水分量が20%を切ると、乾燥肌と呼ばれる状態になります。肌が乾燥するとカサカサを感じたりニキビや黒ずみができやすくなったりと肌のトラブルを抱えることになります。

水分量を保つことが保湿

角質層の水分量を約20%~30%に保つようにすることが、いわゆるスキンケアの保湿と呼ばれています。肌には水分量を適切に保つ機能が備わっています。しかし、老化やその他外的な要因によって水分量が失われてしまいます。現代では化粧水などを使用して保湿することが一般的になっています。

保湿に重要なポイント

化粧水などを使用して肌の保湿を保ちます。しかし、化粧水を使用する際に気をつけなければいけないポイントがあります。肌に負担をかけないようにすることが保湿には大事です。洗顔や化粧水をつけるときは、ゴシゴシと強い負担をかけないようにしましょう。

潤いに満ちた肌を手に入れよう

毎日のスキンケアを欠かさないことで、潤いに満ちた肌を手に入れることができます。化粧水などスキンケアアイテムの役割や保湿とはどういうことかをしっかりと把握し、自分の肌に合ったケアをしましょう。

広告募集中